同じ1つや複数の大好きな動画・サウンドファイルを自由自在に配置、そしていつでもシーン再現できる新スタイルの動画・サウンドプレイヤー

11月17日

「VideoScenePlayer バージョン4.3.0 for Windows版」をMicrosoft Storeで公開いたしました。

Microsoft Storeアプリでのアップデート(ダウンロード)が失敗する場合は、一回、VideoScenePlayerをアンインストールしてから再ダウンロードしてみてください。各種設定内容やアプリ内課金の購入情報は復元できます

主な改善点:

・フリーウェア時の動作、ご購入後の動作の不具合を修正しました

・「VideoScenePlayerについて」ダイアログのデザイン等を改善しました

・アプリアイコンを変更しました

・基本的な機能のいくつかの不具合を修正しました

VideoScenePlayer for Windowsの概要

VideoScenePlayer_Windows_Main


(※このデモムービーはサウンドが含まれています)
全体の操作の流れです。動画・サウンドファイルは「タスクバーから開いたメニューでの操作」「デフォルトプレイヤー設定をしていれば開きたいファイルをダブルクリックするだけ」「開きたいファイルを動画ウィンドウ内にドラッグ」で開くことができます。


VideoScenePlayer_Windows_Settings

画面遷移・タブ移動などがないシンプルな設定ダイアログ。今回、3種類のサウンド出力モードの選択と、ビジュアライザーの選択項目が加わりました。

VideoScenePlayer_Windows_Glass


「観ながらモード」を追加。好きな透明度で動画を再生させながら、他の作業が行えます。 作業側のキーボード、マウス操作だけが反映され、動画側は見えるだけです。
透明度は、タスクバーから開いたメニューから設定ダイアログを開いて、動的にスライダーで透明度の調整・設定ができます。

  • 同じ1つ、あるいは複数の動画・サウンドファイルを複数好きなだけ同時に開いて再生できます(マルチモニター、フルスクリーン対応)
  • それぞれABループ(再生繰り返し範囲を指定したループ再生)、音量、再生位置、ウィンドウの大きさ・位置など「そのままの状態を一瞬保存、いつでも復元」できます
  • サウンドファイルの再生に対応し、リズミカルに動く2種類のビジュアライザー(視覚効果)が楽しめます
  • サウンドの出力は、開いているすべての音を出すほか(従来通り)、選択しているウィンドウの音のみ、マウスカーソルが乗っているウィンドウの音のみを再生する3つのモードを搭載しました
  • 本アプリにネットワーク通信処理は組み込んでいません。(Store処理部分、Webサイトを開く部分はシステムが備える命令を使用)。ユーザー登録なども不要です
  • 1画面にまとまったわかりやすい設定パネル。タスクバーに表示されている本アプリアイコンのメニューから表示できます
  • 動画を最大128×128のパネル状に並べられる「Discoモード」もフルスクリーン表示やシーン保存・復元に対応しています
  • 「観ながらモード」モードでは、設定パネルで決めた好きな透明度で後ろで動画を再生させながら、他のアプリでの操作・作業ができます。
  • 対応OS:Windows10 バージョン 15063.0以降
  • アーキテクチャ:x64,ARM64
  • 動画再生対応フォーマット:Windows10純正のWindows Media Playerが標準でサポートする動画ファイル
  • サウンド再生対応フォーマット:.m4a , .mp3 , .wav フォーマットの再生に対応
最前面のビデオウィンドウに対するキー操作

  • スペースキー:
    再生/一時停止の切り替え
  • キーボードの再生・一時停止キー:
    再生/一時停止の切り替え
  • A:
    現在の再生位置をループ再生ポイントAとして設定
  • B:
    現在の再生位置をループ再生ポイントBとして設定
  • カーソルキーの上下左右 + SHIFTキー:
    Discoモードの操作を行います。カーソルキー左右で表示画面横方向の増減、カーソルキー上下で表示画面横方向の増減
  • カーソルキーの上下左右:カーソルキー左右にて再生の巻き戻し/早送り、カーソルキー上下でボリュームの増減調整
開いているすべてのビデオウィンドウに対するキー操作

  • P:開いているすべての動画の再生・一時停止の切り替え(「クイック」メニューからも操作可能)
  • M:開いているすべての動画のミュート/ミュート解除の切り替え(「クイック」メニューからも操作可能)

このバージョン4から、基本機能のすべては無料のまますべてご利用いただけますが、App内課金を導入するにあたりまして、無料時の動作ではサウンド出力が約10分までという制限があります。
ご愛用いただけるようでしたら、タスクバー上の本アプリアイコンのメニューから「VideoScenePlayerについて」を選択して、作者がサポート・配布されている間、本メジャーバージョン4を無期限・無制限でご利用できる「無制限パス」をご購入いただければありがたいです。

プライバシーポリシーと免責事項:
VideoScenePlayer for macOS / Windows